This Is Clarence Carter

投稿日

コメントは受け付けていません。

アーティスト CLARENCE CARTER
アルバム名 This Is Clarence Carter
レーベル Atlantic
発行国 日本
番号 SMT-1056
オリジナル 1968
発行年 1969
盤状況 B
ジャケ状況 A
ジャケ・コメント
参考情報 日本グラモフォンから発売の日本初盤
販売価格(税込) 2,800円
内容コメント サザン・ソウルの至宝と言われる盲目のバリトン・ヴォイス・シンガー:クラレンス・カーターのLPデビュー作。彼は61年にカルヴィン・スコットとデュオで活動していたが、スコットの交通事故によりソロとして独立した。リック・ホールのフェイム・レコードで録音した後、67年にアトランティック・レコードに移籍して本作を発表した。悲しみを帯びたような唄い方に心を揺さぶられる一方、スケールの大きさも感じる。ヒットした「スリップ・アウェイ」も良いが、スローの「アイ・キャント・シー・マイセルフ」や「セット・ミー・フリー」も深みがある。プロデューサーはリック・ホールでマッスル・ショールズの録音である。同じマッスル・ショールズで録音しているキャンディ・ステイトンとは70年~73年に結婚していた。
商品 レコード

*盤状況、ジャケ状況は当店の判断によるものです。
*通信販売は対応しておりません。