わたしを断罪せよ

投稿日

コメントは受け付けていません。

アーティスト 岡林 信康
アルバム名 わたしを断罪せよ
レーベル URC
発行国 日本
番号 URC-1007
オリジナル 1969
発行年 1969
盤状況 B
ジャケ状況 A
ジャケ・コメント
参考情報 多少プチ音が入ります
販売価格(税込) 2,800円
内容コメント ”フォークの神様”と言われた岡林信康のプロテスト・ソング時代の名作。部落問題を取上げ放送禁止となった「手紙」、日雇い労働者を題材とした「山谷ブルース」、絶望的な暗さの中での希望を唄った「友よ」、自分自身への警告の歌「それで自由になったのかい」などを収めている。海外フォークのカヴァーも入っており、トム・パクストンの「ランブリング・ボーイ」、エリック・アンダーソンの「カム・トゥ・マイ・ベッドサイド」、ボブ・ディランの「戦争の親玉」を訳詞で唄っている。バックは中川イサト(g)、谷野ひとし(b)、木田高介(p,org)、つのだひろ(ds)、長野隆(b)、西岡たかし(hca)が務めている。
商品 レコード

*盤状況、ジャケ状況は当店の判断によるものです。
*通信販売は対応しておりません。