Para Sempre Maysa(永遠のマイーザ)

投稿日

コメントは受け付けていません。

アーティスト MAYSA
アルバム名 Para Sempre Maysa(永遠のマイーザ)
レーベル RGE
発行国 日本
番号 RGE-7
オリジナル 1988
発行年 1988
盤状況 A
ジャケ状況 A
ジャケ・コメント
参考情報
販売価格(税込) 2,000円
内容コメント サンバ・カンソンの時代に活躍し、数奇な人生を送った末に77年に40歳で亡くなったマイーザの初期から最良の時代までの22曲を収めたアルバム。ジャズ・ヴォーカルやメキシコのボレーロの影響を受けた陰りを帯びたしっとりとした歌唱で、後のボサ・ノーヴァに影響を及ぼしたと言われる。晩年は声に衰えがみられ歌い方も荒れてくるが、ここで聞くマイーザは最良期のもので、繊細な歌が心に沁みる。選曲とライナーはマイーザ・フリークだった故・中村とうよう氏。 *サンバ・カンソンとは一般的には歌謡風のサンバのことであるが、1910年代末にその萌芽が見られ始め、40年代になると作曲家:ルビニシオ・ロドリゲスによりバラード的な名歌が作られ、50年代にピークを迎えた。なお、ブラジルではルビニシオとその影響を受けた作者の作品だけをサンバ・カンソンと呼ぶ。
商品 CD

*盤状況、ジャケ状況は当店の判断によるものです。
*通信販売は対応しておりません。