Eu Disse Adeus(リオの黒バラ)

投稿日

コメントは受け付けていません。

アーティスト MARIA CREUSA
アルバム名 Eu Disse Adeus(リオの黒バラ)
レーベル RCA
発行国 日本
番号 EGR-3002
オリジナル 1973
発行年 1992
盤状況 A
ジャケ状況 A
ジャケ・コメント
参考情報
販売価格(税込) 2,200円
内容コメント サンバ・カンソン(叙情的な歌謡曲風サンバ)のシンガー:マリア・クレウーザの7作目でRCA移籍第1弾。シャンソン風とも言えるしっとりとした唄い方で暖かく包み込まれるような感じを聞き手に与える。彼女は『黒いオルフェ』の原作者でもあるヴィニシウス・ヂ・モライスに認められ人気歌手の仲間入りをした。取上げている曲は、そのモライス&トッキーニョの「アベーロ」のほか、夫君であるアントニオ・カルロスとジョカフィの作った「恋の痛手」(第5回ヤマハ世界歌謡祭特別賞曲)「絶望」「幸福の道化師」「ただ何となく」、タイトル曲でロベルト・カルロス&エラスモ・カルロス作の「別れ」などで佳曲が並んでいる。彼女を語る上で欠かせない一枚である。
商品 CD

*盤状況、ジャケ状況は当店の判断によるものです。
*通信販売は対応しておりません。